未分類

ベラジョンカジノは詐欺業者!?実態を調査してみました

日本で有名なオンラインカジノの1つが、ベラジョンカジノです。
カジノで遊んで負けが続くと、回収モードになった、あるいは絶対に勝てないように操作していると考える人もいるかもしれません。

ベラジョンカジノで詐欺はあるのでしょうか?
オンラインカジノで詐欺ができるか解説するので、詐欺だと疑っている人は、参考にしてください。

ベラジョンカジノで詐欺はあり得ない

ベラジョンカジノの運営会社は、Dumarca Gaming Ltdです。
詐欺があるのかどうか結論から言えば、詐欺はないだろうと思われます。

Dumarca Gaming Ltdはトロント証券取引所に上場している企業です。
上場企業であり、社会的に信頼性の高い企業であるために、不正行為を行う可能性は低いと言えます。
詐欺を行えば、信用をなくし営業停止になる可能性もあるからです。

また、以下のような理由でも、詐欺はしていないだろうと考えられます。

詐欺をしてもベラジョンカジノにメリットがない

オンラインカジノの還元率は95%ほどであり、カジノ側の利益はプレイヤーが使ったお金の中の5%です。
自動的にカジノが儲かるようにできているので、わざわざリスクのある詐欺を行う必要がありません。

ハウスアドバンテージとも言われるようなものにより、プレイヤーが遊べば、カジノが儲かるようにできているのです。

ハウスアドバンテージは、例えばルーレットの出目の中の0や00のようなものです。
ルーレットは、プレイヤーが赤か黒にかければ、2分の1の確率で当たりますが、0や00になるとプレイヤーは必ず負けます。

このようなプレイヤーに不利になっており、カジノである胴元が必ず勝つような仕組みをハウスアドバンテージと言います。
ハウスアドバンテージは、すべてのカジノゲームで設定されています。

ソフトウェアは別会社が作っている

ベラジョンではカジノ用のゲームは作っておらず、カジノ用のゲームはゲームソフト開発会社が作っています。
たとえば、NetEntやPlay'nGOなどです。
カジノのゲームは、開発会社のサーバーに置いています。

プレイヤーは、ベラジョンを経由してオンラインでカジノゲームを遊ぶ形です。
スロット、テーブルゲームなどはすべて、このようなオンライン形式です。

ベラジョンカジノが詐欺を働こうとしても、ゲームは別の会社のサーバーにあるので、ゲーム設定をイジることができません。
つまり、詐欺を行えないような仕組みになっているのです。

カジノライセンスを得て運営している

カジノを運営するには、ライセンスを得ないとなりません。
ライセンス発行している国に申請して、審査を得て、審査通過後に許可が出て、ライセンスがカジノ会社に発行されます。
ライセンス発行で有名な国は、イギリス、マルタ共和国、マン島、カナワケ、キュラソーなどがあります。

ただし、ライセンスでも発行する国によって信頼度は違い、中にはお金さえ払えばライセンス発行する国もあります。
ライセンス発行で、信頼度が高いとされる国は以下の通りです。

  • マルタ共和国
  • イギリス
  • マン島
  • ジブラルタル

ベラジョンカジノは、マルタ共和国からライセンスを得ています。
カジノライセンスの中でも、マルタ共和国のライセンスは、特に取得が難しいと言われており、それだけ厳しい審査をしているのです。

定期的な抜き打ちチェックをすることで、ライセンスを発行したカジノ会社で不正がないか、常にチェックしています。

第三者機関の監査を受けている

第三者機関の監査を受けていることも、ベラジョンカジノが詐欺をしていないと考えられる理由です。
詐欺をしていないか、危険性や違法性はないか、レートや配当に違反がないかなどを、第三者機関で監査します。

監査を受ければ、プレイヤーが大負けするような回収モードにすることはできないのです。

第三者機関としては、TST、eCOGRAなどが有名であり、彼らによってオンラインカジノの信頼性を高めています。
ちなみに、ベラジョンカジノの監査はeCOGRAが行っています。

eCOGRAは、2003年にカジノのプレイヤー保護のために設立された、オンラインカジノの公平性をチェックする非営利団体であるNPOです。

第三者の公平な立場から、オンラインカジノに関する基準を設けて、審査をしています。

審査基準は細かく設定されており、eCOGRAは審査が厳しいことで有名です。
審査は一度のチェックでは合格できないとも言われており、優良ライセンスを持っているオンラインカジノでも、審査落ちすることがあります。

新しい基準を設けるたびに審査を受けないとならず、基準に満たないと公平だと認定されず、厳しい審査体制を作っています。

乱数発生器を使用している

ベラジョンカジノは、RNGというランダムナンバージェネレーター、つまりは乱数発生器プログラムを用いて、スロットなどのゲームを提供しています。

乱数発生器で乱数を発生させることで、その数字によりスロットなどのゲームの結果を決めているのです。
たとえば、スロットならば当たりも外れも乱数の結果次第であり、確率操作ができません。

極端に言えば、ジャックポットを引いた次のゲームでもジャックポットになる可能性はあるのです。
逆にいくら回しても、まったく当たりがこないということもあります。

ベラジョンアフィリエイトは詐欺?

オンラインカジノでも、アフィリエイトを導入しているところがあり、ベラジョンカジノはその1つです。
カジノアフィリエイトは、上手くやると普通のアフィリエイト以上に稼げます。

ただ儲かるのはアフィリエイトで紹介する人のみであり、プレイヤーはカジノで負けることも勝つこともあります。
ベラジョンアフィリエイトが詐欺かどうかというと、詐欺ではありません。

アフィリエイトの紹介を経由して、ベラジョンに登録したプレイヤーの掛け金の数%がアフィリエイト報酬として支払われます。
中には月100万円以上遊ぶ人もいるようなので、数%といっても、アフィリエイトでの儲けは多いです。

カジノはグレーゾーン

日本ではカジノは認められておらず、カジノを運営すれば違法です。
その中で、日本ではオンラインカジノを取り締まる法律がないために、ベラジョンカジノなどのオンラインカジノは、違法ではないという立ち位置です。

そのために、カジノアフィリエイトも違法ではないですが、日本でのカジノ違法という立場と、オンラインカジノは違法とする法律のない中でグレーゾーンなのです。

ベラジョンカジノは、詐欺ではないけど、グレーゾーンの中にあるということです。
ただし、日本ではIR誘致の話が出てきており、国内のどこかにカジノリゾートができれば、日本でもカジノは合法とする法律ができるでしょう。

そうなると、オンラインカジノも合法であり、ベラジョンアフィリエイトも合法とされます。

ベラジョンで遊ぶことは安全

ベラジョンカジノは、国からライセンスを取得しており、第三者機関による監査も受けています。
ゲームにおいても乱数発生器を使用し、サーバーはゲーム会社に置くなどしており、詐欺ができない状況を作り出しています。
公正な環境を整えているので、ベラジョンカジノで遊んでも安全です。

また、日本語のゲーム環境や日本語でのチャットサポートなどのサポート面も整えられており、日本で遊びやすい環境を作っています。

専用のカジノソフトをパソコンにインストールする必要はなく、プレイヤーがカジノをプレイしやすい環境のオンラインカジノと言えるでしょう。

それでも不安な人は、ベラジョンカジノは無料でも遊べるので、まずはお試しでプレイすることをおすすめします。
その上で納得したら、是非とも入金して、リアルマネーでプレイしてください。

-未分類

Copyright© オンラインカジノの遊び方 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.